XI Ver. 0.5


com.ogane.xi
クラス Switch

java.lang.Object
  |
  +--java.awt.Component
        |
        +--java.awt.Canvas
              |
              +--com.ogane.xi.Switch
すべての実装インタフェース:
Accessible, ImageObserver, MenuContainer, Serializable

public class Switch
extends Canvas
implements Serializable

Switchクラスは背景として絵柄を持つボタンです。 Switchはマウスの操作によって次の状態に変化します。
RAISED 飛出た状態
PRESSED 押込んだ状態
RAISED_IN 飛出た状態でマウスを乗せた状態
PRESSED_IN 押込んだ状態でマウスを乗せた状態
DISABLED 使用できない状態
Switchには次のタイプがあります。
MOMENTARY マウスボタンを押している間だけ押込んだ状態になります。
RADIO クリックするとグループに属するボタンのうち1つだけが押込んだ状態になります。
PERMANENT 1回クリックするとと永久に使用できない状態になります。
TOGGLE クリックする度に飛出た状態と押込んだ状態を反転します。
Switchの状態を変えるとActionEventエベントが発生したことを addActionListenerメソッドによって登録されたActionListener に 通知します。

イメージ・ファイル名は_p.gif、_r.gif,_d.gif,_pi.gif,_ri.gifを 除く部分を指定します。 "_p.gif"はPRESSED状態、"_r.gif"はRAISED状態、"_d.gif"はDISABLED状態に、 "_ri.gif"はRAISED_IN状態、"_pi.gif"はPRESSED_IN状態に 対応づけます。例えばtheImageFileNameFragment引数に"iAmAButton"を与えた場合、 背景付きボタンはiAmAButton_p.gif、iAmAButton_r.gif、iAmAButton_d.gif、 iAmAButton_pi.gif、iAmAButton_ri.gifを ロードします。スタンドアローンで使う場合は絶対パスで与えなければいけません。 アプレットの中で使う場合はcodebaseからの相対パスを与えます。

バージョン:
0.3, 3 Oct 2003
作成者:
大金 康夫
関連項目:
直列化された形式

クラス java.awt.Canvas から継承した内部クラス
Canvas.AccessibleAWTCanvas
 
クラス java.awt.Component から継承した内部クラス
Component.AccessibleAWTComponent
 
フィールドの概要
static int MOMENTARY
          マウスボタンを押している間だけ押込んだ状態になります。
static int PERMANENT
          1回クリックするとと永久に使用できない状態になります。
static int RADIO
          クリックするとグループに属するボタンのうち1つだけが押込んだ状態になります。
static int TOGGLE
          クリックする度に飛出た状態と押込んだ状態を反転します。
 
クラス java.awt.Component から継承したフィールド
BOTTOM_ALIGNMENT, CENTER_ALIGNMENT, LEFT_ALIGNMENT, RIGHT_ALIGNMENT, TOP_ALIGNMENT
 
インタフェース java.awt.image.ImageObserver から継承したフィールド
ABORT, ALLBITS, ERROR, FRAMEBITS, HEIGHT, PROPERTIES, SOMEBITS, WIDTH
 
コンストラクタの概要
Switch()
          デフォルトの背景付きボタンを作成します。
Switch(int theType)
          指定したタイプの背景付きボタンを作成します。
Switch(String theImageFileNameFragment)
          指定した背景付きボタンを作成します。
Switch(String theImageFileNameFragment, int theType)
          背景付きボタンを作成します。
 
メソッドの概要
 void addActionListener(ActionListener l)
          指定したActionListenerはボタンがクリックされた時にその actionPerformedメソッドが呼ばれます。
 void addButtonForRadioPress(Switch theButton)
          このメソッドは背景付きボタンをラジオボタンとしてグループに加えるときに RadioButtonGroupクラスを呼びます。
 void clearAllButtonForRadioPress()
          このメソッドは自分が加わっているグループに新しく背景付きボタンが 加えられたときに、RadioButtonGroupクラスから呼ばれます。
 String getImageFileNameFragment()
          背景イメージファイル名を返します。
 Dimension getMinimumSize()
          背景付きボタンの最小サイズを返します。
 Dimension getPreferredSize()
          背景付きボタンの推奨サイズを返します。
 int getType()
          背景付きボタンのタイプを返します。
 void paint(Graphics g)
          背景付きボタンを描画する。
 void removeActionListener(ActionListener l)
          addActionListenerによって登録したActionListenerを内部のリストから はずします。
 void setBackground(Color theColor)
          背景色を指定します。
 void setBounds(int x, int y, int w, int h)
          指定された境界の矩形領域に背景付きボタンを再形成します。
 void setForeground(Color theColor)
          前景色を指定します。
 void setImageFileNameFragment(String theImageFileNameFragment)
          背景イメージファイル名を設定します。
 void setSize(int w, int h)
          指定された幅と高さに背景付きボタンを変更します。
 void setType(int theType)
          背景付きボタンのタイプを設定します。
 String toString()
          背景付きボタンのタイプと現在の状態を文字で返します。
 void update(Graphics g)
          背景付きボタンを更新する。
 
クラス java.awt.Canvas から継承したメソッド
addNotify, getAccessibleContext
 
クラス java.awt.Component から継承したメソッド
action, add, addComponentListener, addFocusListener, addHierarchyBoundsListener, addHierarchyListener, addInputMethodListener, addKeyListener, addMouseListener, addMouseMotionListener, addPropertyChangeListener, addPropertyChangeListener, bounds, checkImage, checkImage, coalesceEvents, contains, contains, createImage, createImage, deliverEvent, disable, disableEvents, dispatchEvent, doLayout, enable, enable, enableEvents, enableInputMethods, firePropertyChange, getAlignmentX, getAlignmentY, getBackground, getBounds, getBounds, getColorModel, getComponentAt, getComponentAt, getComponentOrientation, getCursor, getDropTarget, getFont, getFontMetrics, getForeground, getGraphics, getGraphicsConfiguration, getHeight, getInputContext, getInputMethodRequests, getListeners, getLocale, getLocation, getLocation, getLocationOnScreen, getMaximumSize, getName, getParent, getPeer, getSize, getSize, getToolkit, getTreeLock, getWidth, getX, getY, gotFocus, handleEvent, hasFocus, hide, imageUpdate, inside, invalidate, isDisplayable, isDoubleBuffered, isEnabled, isFocusTraversable, isLightweight, isOpaque, isShowing, isValid, isVisible, keyDown, keyUp, layout, list, list, list, list, list, locate, location, lostFocus, minimumSize, mouseDown, mouseDrag, mouseEnter, mouseExit, mouseMove, mouseUp, move, nextFocus, paintAll, paramString, postEvent, preferredSize, prepareImage, prepareImage, print, printAll, processComponentEvent, processEvent, processFocusEvent, processHierarchyBoundsEvent, processHierarchyEvent, processInputMethodEvent, processKeyEvent, processMouseEvent, processMouseMotionEvent, remove, removeComponentListener, removeFocusListener, removeHierarchyBoundsListener, removeHierarchyListener, removeInputMethodListener, removeKeyListener, removeMouseListener, removeMouseMotionListener, removeNotify, removePropertyChangeListener, removePropertyChangeListener, repaint, repaint, repaint, repaint, requestFocus, reshape, resize, resize, setBounds, setComponentOrientation, setCursor, setDropTarget, setEnabled, setFont, setLocale, setLocation, setLocation, setName, setSize, setVisible, show, show, size, transferFocus, validate
 
クラス java.lang.Object から継承したメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, wait, wait, wait
 

フィールドの詳細

MOMENTARY

public static final int MOMENTARY
マウスボタンを押している間だけ押込んだ状態になります。

RADIO

public static final int RADIO
クリックするとグループに属するボタンのうち1つだけが押込んだ状態になります。

PERMANENT

public static final int PERMANENT
1回クリックするとと永久に使用できない状態になります。

TOGGLE

public static final int TOGGLE
クリックする度に飛出た状態と押込んだ状態を反転します。
コンストラクタの詳細

Switch

public Switch(String theImageFileNameFragment,
              int theType)
背景付きボタンを作成します。

パラメータ:
theImageFileNameFragment - イメージ・ファイル名
theType - ボタンのタイプ

Switch

public Switch(int theType)
指定したタイプの背景付きボタンを作成します。

パラメータ:
theType - ボタンのタイプ

Switch

public Switch(String theImageFileNameFragment)
指定した背景付きボタンを作成します。タイプはMOMENTARY。

パラメータ:
theImageFileNameFragment - イメージ・ファイル名

Switch

public Switch()
デフォルトの背景付きボタンを作成します。タイプはMOMENTARY。

メソッドの詳細

addButtonForRadioPress

public void addButtonForRadioPress(Switch theButton)
このメソッドは背景付きボタンをラジオボタンとしてグループに加えるときに RadioButtonGroupクラスを呼びます。グループに加えるとき背景付きボタンは RAISED状態になります。

パラメータ:
theButton - 背景付きボタン。

clearAllButtonForRadioPress

public void clearAllButtonForRadioPress()
このメソッドは自分が加わっているグループに新しく背景付きボタンが 加えられたときに、RadioButtonGroupクラスから呼ばれます。ここでは、 背景付きボタンのリストが更新されます。


addActionListener

public void addActionListener(ActionListener l)
指定したActionListenerはボタンがクリックされた時にその actionPerformedメソッドが呼ばれます。 逆に呼ばれないようにするにはremoveActionListenerを使います。
パラメータ:
l - the ActionListener
関連項目:
removeActionListener(java.awt.event.ActionListener)

removeActionListener

public void removeActionListener(ActionListener l)
addActionListenerによって登録したActionListenerを内部のリストから はずします。この結果指定したActionListenerはボタンがクリックされても 何も反応しなくなります。
パラメータ:
l - the ActionListener
関連項目:
addActionListener(java.awt.event.ActionListener)

setBackground

public void setBackground(Color theColor)
背景色を指定します。

オーバーライド:
クラス Component 内の setBackground
パラメータ:
theColor - 背景色

setForeground

public void setForeground(Color theColor)
前景色を指定します。

オーバーライド:
クラス Component 内の setForeground
パラメータ:
theColor - 前景色

setType

public void setType(int theType)
背景付きボタンのタイプを設定します。

パラメータ:
theType - タイプ

getType

public int getType()
背景付きボタンのタイプを返します。

戻り値:
タイプ

setImageFileNameFragment

public void setImageFileNameFragment(String theImageFileNameFragment)
背景イメージファイル名を設定します。

パラメータ:
theImageFileNameFragment - イメージ・ファイル名

getImageFileNameFragment

public String getImageFileNameFragment()
背景イメージファイル名を返します。

戻り値:
イメージ・ファイル名

toString

public String toString()
背景付きボタンのタイプと現在の状態を文字で返します。

オーバーライド:
クラス Component 内の toString
戻り値:
文字列

getPreferredSize

public Dimension getPreferredSize()
背景付きボタンの推奨サイズを返します。

オーバーライド:
クラス Component 内の getPreferredSize
戻り値:
推奨サイズ

getMinimumSize

public Dimension getMinimumSize()
背景付きボタンの最小サイズを返します。

オーバーライド:
クラス Component 内の getMinimumSize
戻り値:
最小サイズ

setSize

public void setSize(int w,
                    int h)
指定された幅と高さに背景付きボタンを変更します。

オーバーライド:
クラス Component 内の setSize
パラメータ:
w - 棒式メータの幅
h - 棒式メータの高さ


setBounds

public void setBounds(int x,
                      int y,
                      int w,
                      int h)
指定された境界の矩形領域に背景付きボタンを再形成します。

オーバーライド:
クラス Component 内の setBounds
パラメータ:
x - x座標
y - y座標
w - 背景付きボタンの幅
h - 背景付きボタンの高さ

paint

public void paint(Graphics g)
背景付きボタンを描画する。

オーバーライド:
クラス Canvas 内の paint
パラメータ:
graphics - Graphicsコンテキスト。

update

public void update(Graphics g)
背景付きボタンを更新する。

オーバーライド:
クラス Component 内の update
パラメータ:
graphics - Graphicsコンテキスト。


XI Ver. 0.5


Copyright 2000-2010, 大金システム設計事務所. All Rights Reserved.
2660-73 Mawatari, Hitachinaka, Ibaraki, 312-0012 JAPAN.
info@ogane.com