XI Ver. 0.5


com.ogane.xi
クラス DateChooser

java.lang.Object
  |
  +--java.awt.Component
        |
        +--java.awt.Container
              |
              +--javax.swing.JComponent
                    |
                    +--com.ogane.xi.DateChooser
すべての実装インタフェース:
ImageObserver, MenuContainer, Serializable

public class DateChooser
extends JComponent

日付選択部品です。日付選択には、ユーザが日付を選択するための簡単な機構が用意されています。 次のコードは、期間の開始日と終了日を選択するダイアログを表示します。

	DateChooser chooser=new DateChooser();
	chooser.setDialogTitle("期間を選択");
	chooser.setDaySelectionMode(DateChooser.A_PAIR_OF_DAYS);
		
	int returnVal=chooser.showDialog(parent);
	if(returnVal==DateChooser.APPROVE_OPTION) {
		Calendar[] days=chooser.getSelectedDays();
		DateFormat df=DateFormat.getDateInstance();
		System.out.println(
			df.format(days[0].getTime())+" - "+
			df.format(days[1].getTime())
		);
	}
 

バージョン:
0.5.1, 3 Jan 2004
作成者:
大金 康夫
関連項目:
直列化された形式

内部クラスの概要
protected  class DateChooser.AcceptAllDateFilter
           
 
クラス javax.swing.JComponent から継承した内部クラス
JComponent.AccessibleJComponent
 
クラス java.awt.Container から継承した内部クラス
Container.AccessibleAWTContainer
 
クラス java.awt.Component から継承した内部クラス
Component.AccessibleAWTComponent
 
フィールドの概要
static int A_PAIR_OF_DAYS
          2日一組の日付を選択します。
static int APPROVE_OPTION
          「了解」ボタンが押された時に返す値。
static int CANCEL_OPTION
          「キャンセル」ボタンが押された時に返す値。
static int ERROR_OPTION
          エラーが発生した時に返す値。
static int MULTIPLE_DAYS
          1日以上の日付を選択します。
static int SINGLE_DAY
          単一の日付を選択します。
 
クラス javax.swing.JComponent から継承したフィールド
accessibleContext, listenerList, TOOL_TIP_TEXT_KEY, ui, UNDEFINED_CONDITION, WHEN_ANCESTOR_OF_FOCUSED_COMPONENT, WHEN_FOCUSED, WHEN_IN_FOCUSED_WINDOW
 
クラス java.awt.Component から継承したフィールド
BOTTOM_ALIGNMENT, CENTER_ALIGNMENT, LEFT_ALIGNMENT, RIGHT_ALIGNMENT, TOP_ALIGNMENT
 
インタフェース java.awt.image.ImageObserver から継承したフィールド
ABORT, ALLBITS, ERROR, FRAMEBITS, HEIGHT, PROPERTIES, SOMEBITS, WIDTH
 
コンストラクタの概要
DateChooser()
          日付選択部品を生成します。
DateChooser(Calendar currentMonth)
          日付選択部品を生成します。
 
メソッドの概要
protected  JDialog createDialog(Component parent)
          parent のフレームにある parentの中央に配置されたthisをラップする JDialogを新しく生成して、返します。
 int getApproveButtonMnemonic()
          「了解」ボタンのニーモニックを返します。
 String getApproveButtonText()
          「了解」ボタンの文字列を返します。
 String getApproveButtonToolTipText()
          「了解」ボタンのツールチップ文字列を返します。
 DateFilter getChoosableDateFilter()
          日付の選択を受け付けるかどうかを決めるフィルターを返します。
 boolean getControlButtonsAreShown()
          カレンダーの月を変更するボタンと選択した日付をクリアするボタンを表示するかどうかを調べます。
 Calendar getCurrentMonth()
          現在の月を返します。
 int getDaySelectionMode()
          日の選択モードを返します。
 String getDialogTitle()
          タイトルバーに表示する文字列を返します。
 Calendar[] getSelectedDays()
          選択した日付を返します。
 void setApproveButtonMnemonic(char mnemonic)
          「了解」ボタンのニーモニックを設定します。
 void setApproveButtonMnemonic(int mnemonic)
          「了解」ボタンのニーモニックを設定します。
 void setApproveButtonText(String approveButtonText)
          「了解」ボタンの文字列を設定します。
 void setApproveButtonToolTipText(String toolTipText)
          「了解」ボタンのツールチップ文字列を設定します。
 void setChoosableDateFilter(DateFilter filter)
          日付の選択を受け付けるかどうかを決めるフィルターを指定します。
 void setControlButtonsAreShown(boolean b)
          カレンダーの月を変更するボタンと選択した日付をクリアするボタンを表示するかどうかを設定します。
 void setCurrentMonth(Calendar currentMonth)
          現在の月を設定します。
 void setDaySelectionMode(int mode)
          日の選択モードを設定します。
 void setDialogTitle(String dialogTitle)
          タイトルバーに表示する文字列を設定します。
 void setSelectedDays(Calendar[] days)
          選択した日付を設定します。
 int showDialog(Component parent)
           
 int showDialog(Component parent, String approveButtonText)
          カスタムの「了解」ボタンを使って、カスタム日付選択ダイアログを表示します。
 
クラス javax.swing.JComponent から継承したメソッド
addAncestorListener, addNotify, addPropertyChangeListener, addPropertyChangeListener, addVetoableChangeListener, computeVisibleRect, contains, createToolTip, disable, enable, firePropertyChange, firePropertyChange, firePropertyChange, firePropertyChange, firePropertyChange, firePropertyChange, firePropertyChange, firePropertyChange, firePropertyChange, fireVetoableChange, getAccessibleContext, getActionForKeyStroke, getActionMap, getAlignmentX, getAlignmentY, getAutoscrolls, getBorder, getBounds, getClientProperty, getComponentGraphics, getConditionForKeyStroke, getDebugGraphicsOptions, getGraphics, getHeight, getInputMap, getInputMap, getInputVerifier, getInsets, getInsets, getListeners, getLocation, getMaximumSize, getMinimumSize, getNextFocusableComponent, getPreferredSize, getRegisteredKeyStrokes, getRootPane, getSize, getToolTipLocation, getToolTipText, getToolTipText, getTopLevelAncestor, getUIClassID, getVerifyInputWhenFocusTarget, getVisibleRect, getWidth, getX, getY, grabFocus, hasFocus, hide, isDoubleBuffered, isFocusCycleRoot, isFocusTraversable, isLightweightComponent, isManagingFocus, isMaximumSizeSet, isMinimumSizeSet, isOpaque, isOptimizedDrawingEnabled, isPaintingTile, isPreferredSizeSet, isRequestFocusEnabled, isValidateRoot, paint, paintBorder, paintChildren, paintComponent, paintImmediately, paintImmediately, paramString, print, printAll, printBorder, printChildren, printComponent, processComponentKeyEvent, processFocusEvent, processKeyBinding, processKeyEvent, processMouseMotionEvent, putClientProperty, registerKeyboardAction, registerKeyboardAction, removeAncestorListener, removeNotify, removePropertyChangeListener, removePropertyChangeListener, removeVetoableChangeListener, repaint, repaint, requestDefaultFocus, requestFocus, resetKeyboardActions, reshape, revalidate, scrollRectToVisible, setActionMap, setAlignmentX, setAlignmentY, setAutoscrolls, setBackground, setBorder, setDebugGraphicsOptions, setDoubleBuffered, setEnabled, setFont, setForeground, setInputMap, setInputVerifier, setMaximumSize, setMinimumSize, setNextFocusableComponent, setOpaque, setPreferredSize, setRequestFocusEnabled, setToolTipText, setUI, setVerifyInputWhenFocusTarget, setVisible, unregisterKeyboardAction, update, updateUI
 
クラス java.awt.Container から継承したメソッド
add, add, add, add, add, addContainerListener, addImpl, countComponents, deliverEvent, doLayout, findComponentAt, findComponentAt, getComponent, getComponentAt, getComponentAt, getComponentCount, getComponents, getLayout, insets, invalidate, isAncestorOf, layout, list, list, locate, minimumSize, paintComponents, preferredSize, printComponents, processContainerEvent, processEvent, remove, remove, removeAll, removeContainerListener, setLayout, validate, validateTree
 
クラス java.awt.Component から継承したメソッド
action, add, addComponentListener, addFocusListener, addHierarchyBoundsListener, addHierarchyListener, addInputMethodListener, addKeyListener, addMouseListener, addMouseMotionListener, bounds, checkImage, checkImage, coalesceEvents, contains, createImage, createImage, disableEvents, dispatchEvent, enable, enableEvents, enableInputMethods, getBackground, getBounds, getColorModel, getComponentOrientation, getCursor, getDropTarget, getFont, getFontMetrics, getForeground, getGraphicsConfiguration, getInputContext, getInputMethodRequests, getLocale, getLocation, getLocationOnScreen, getName, getParent, getPeer, getSize, getToolkit, getTreeLock, gotFocus, handleEvent, imageUpdate, inside, isDisplayable, isEnabled, isLightweight, isShowing, isValid, isVisible, keyDown, keyUp, list, list, list, location, lostFocus, mouseDown, mouseDrag, mouseEnter, mouseExit, mouseMove, mouseUp, move, nextFocus, paintAll, postEvent, prepareImage, prepareImage, processComponentEvent, processHierarchyBoundsEvent, processHierarchyEvent, processInputMethodEvent, processMouseEvent, remove, removeComponentListener, removeFocusListener, removeHierarchyBoundsListener, removeHierarchyListener, removeInputMethodListener, removeKeyListener, removeMouseListener, removeMouseMotionListener, repaint, repaint, repaint, resize, resize, setBounds, setBounds, setComponentOrientation, setCursor, setDropTarget, setLocale, setLocation, setLocation, setName, setSize, setSize, show, show, size, toString, transferFocus
 
クラス java.lang.Object から継承したメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, wait, wait, wait
 

フィールドの詳細

CANCEL_OPTION

public static final int CANCEL_OPTION
「キャンセル」ボタンが押された時に返す値。

APPROVE_OPTION

public static final int APPROVE_OPTION
「了解」ボタンが押された時に返す値。

ERROR_OPTION

public static final int ERROR_OPTION
エラーが発生した時に返す値。

SINGLE_DAY

public static final int SINGLE_DAY
単一の日付を選択します。

A_PAIR_OF_DAYS

public static final int A_PAIR_OF_DAYS
2日一組の日付を選択します。

MULTIPLE_DAYS

public static final int MULTIPLE_DAYS
1日以上の日付を選択します。
コンストラクタの詳細

DateChooser

public DateChooser()
日付選択部品を生成します。 最初に表示する月は今月です。

DateChooser

public DateChooser(Calendar currentMonth)
日付選択部品を生成します。 指定した月を最初に表示します。
パラメータ:
currentMonth - 月
メソッドの詳細

setSelectedDays

public void setSelectedDays(Calendar[] days)
選択した日付を設定します。
パラメータ:
days - 選択した日付
関連項目:
getSelectedDays()

getSelectedDays

public Calendar[] getSelectedDays()
選択した日付を返します。
戻り値:
選択した日付
関連項目:
setSelectedDays(java.util.Calendar[])

getCurrentMonth

public Calendar getCurrentMonth()
現在の月を返します。
戻り値:
関連項目:
setCurrentMonth(java.util.Calendar)

setCurrentMonth

public void setCurrentMonth(Calendar currentMonth)
現在の月を設定します。
パラメータ:
currentMonth - 月
関連項目:
getCurrentMonth()

showDialog

public int showDialog(Component parent,
                      String approveButtonText)
               throws com.ogane.xi.HeadlessException
カスタムの「了解」ボタンを使って、カスタム日付選択ダイアログを表示します。 たとえば、次のコードでは、通常のボタンの代わりに、 「決定」ボタンを持つ日付選択ダイアログを表示します。
 datechooser.showDialog(parentFrame, "決定");
 
また、次のコードでも同じことができます。
 DateChooser chooser = new DateChooser();
 chooser.setApproveButtonText("決定");
 chooser.showDialog(parentFrame, null);
 
parent引数は、表示ダイアログが依存するフレームと、ダイアログを配置するときに Look & Feel側で位置を考慮するコンポーネントの2つを決定します。 親が JFrame などの Frame オブジェクトである場合、ダイアログはフレームに依存し、 Look & Feel は、たとえばフレーム上の中央など、フレームとの相対関係でダイアログの配置を決定します。 親がコンポーネントの場合、ダイアログはコンポーネントを含むフレームに依存し、 位置は、たとえばコンポーネント上の中央など、コンポーネントとの相対関係で決定されます。 親が null の場合、ダイアログは表示されているウィンドウには依存せず、画面の中央のように、 Look & Feel に依存した位置決定が行われます。
パラメータ:
parent - ダイアログの親コンポーネント。null も可
approveButtonText - 「了解」ボタンの文字列
戻り値:
日付選択ダイアログの消去時に返される状態。
  • DateChooser.CANCEL_OPTION
  • DateChooser.APPROVE_OPTION
  • DateCHooser.ERROR_OPTION (エラーが発生したか、またはダイアログが取り消された場合)
例外:
com.ogane.xi.HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()が真の場合
関連項目:
GraphicsEnvironment#isHeadless

showDialog

public int showDialog(Component parent)
               throws com.ogane.xi.HeadlessException

createDialog

protected JDialog createDialog(Component parent)
                        throws com.ogane.xi.HeadlessException
parent のフレームにある parentの中央に配置されたthisをラップする JDialogを新しく生成して、返します。さらにダイアログを操作したり、 サイズ変更を使用不可にしたり、位置を設定したりするために、このメソッドが オーバーライドされる場合があります。次に例を挙げます。
 class MyDateChooser extends DateChooser {
	protected JDialog createDialog(Component parent) throws HeadlessException {
		JDialog dialog = super.createDialog(parent);
		dialog.setLocation(300, 200);
		dialog.setResizable(false);
		return dialog;
	}
 }
 
パラメータ:
parent - ダイアログの親のコンポーネント。null も可
戻り値:
このインスタンスを持つ新しい JDialog
例外:
com.ogane.xi.HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()が真の場合
関連項目:
GraphicsEnvironment#isHeadless

getControlButtonsAreShown

public boolean getControlButtonsAreShown()
カレンダーの月を変更するボタンと選択した日付をクリアするボタンを表示するかどうかを調べます。
戻り値:
真:表示/偽:非表示
関連項目:
setControlButtonsAreShown(boolean)

setControlButtonsAreShown

public void setControlButtonsAreShown(boolean b)
カレンダーの月を変更するボタンと選択した日付をクリアするボタンを表示するかどうかを設定します。
パラメータ:
b - 真:表示/偽:非表示
関連項目:
getControlButtonsAreShown()

setDialogTitle

public void setDialogTitle(String dialogTitle)
タイトルバーに表示する文字列を設定します。
パラメータ:
dialogTitle - タイトル
関連項目:
getDialogTitle()

getDialogTitle

public String getDialogTitle()
タイトルバーに表示する文字列を返します。
戻り値:
タイトル
関連項目:
setDialogTitle(java.lang.String)

setApproveButtonToolTipText

public void setApproveButtonToolTipText(String toolTipText)
「了解」ボタンのツールチップ文字列を設定します。
パラメータ:
toolTipText - 文字列
関連項目:
getApproveButtonText(), showDialog(java.awt.Component, java.lang.String)

getApproveButtonToolTipText

public String getApproveButtonToolTipText()
「了解」ボタンのツールチップ文字列を返します。
戻り値:
文字列
関連項目:
setApproveButtonText(java.lang.String), showDialog(java.awt.Component, java.lang.String)

getApproveButtonMnemonic

public int getApproveButtonMnemonic()
「了解」ボタンのニーモニックを返します。
戻り値:
ニーモニックの整数値
関連項目:
setApproveButtonMnemonic(int)

setApproveButtonMnemonic

public void setApproveButtonMnemonic(int mnemonic)
「了解」ボタンのニーモニックを設定します。
パラメータ:
mnemonic - ニーモニックの整数値
関連項目:
getApproveButtonMnemonic()

setApproveButtonMnemonic

public void setApproveButtonMnemonic(char mnemonic)
「了解」ボタンのニーモニックを設定します。
パラメータ:
mnemonic - ニーモニックのchar値
関連項目:
getApproveButtonMnemonic()

setApproveButtonText

public void setApproveButtonText(String approveButtonText)
「了解」ボタンの文字列を設定します。
パラメータ:
approveButtonText - 文字列
関連項目:
getApproveButtonText(), showDialog(java.awt.Component, java.lang.String)

getApproveButtonText

public String getApproveButtonText()
「了解」ボタンの文字列を返します。
戻り値:
文字列
関連項目:
setApproveButtonText(java.lang.String), showDialog(java.awt.Component, java.lang.String)

setDaySelectionMode

public void setDaySelectionMode(int mode)
日の選択モードを設定します。指定できるモードは次のいずれかです。 デフォルトは、DateChooser.SINGLE_DAYです。
パラメータ:
mode - モード
例外:
IllegalArgumentException - 設定したモードが間違っている場合
関連項目:
getDaySelectionMode(), SINGLE_DAY, A_PAIR_OF_DAYS, MULTIPLE_DAYS

getDaySelectionMode

public int getDaySelectionMode()
日の選択モードを返します。指定できるモードは次のいずれかです。
関連項目:
setDaySelectionMode(int), SINGLE_DAY, A_PAIR_OF_DAYS, MULTIPLE_DAYS

setChoosableDateFilter

public void setChoosableDateFilter(DateFilter filter)
日付の選択を受け付けるかどうかを決めるフィルターを指定します。 このフィルタはデフォルトでAcceptAllDateFilterです。
パラメータ:
filter - フィルター
関連項目:
DateChooser.AcceptAllDateFilter

getChoosableDateFilter

public DateFilter getChoosableDateFilter()
日付の選択を受け付けるかどうかを決めるフィルターを返します。 このフィルタはデフォルトでAcceptAllDateFilterです。
戻り値:
フィルター
関連項目:
DateChooser.AcceptAllDateFilter


XI Ver. 0.5


Copyright 2000-2010, 大金システム設計事務所. All Rights Reserved.
2660-73 Mawatari, Hitachinaka, Ibaraki, 312-0012 JAPAN.
info@ogane.com