カレンダー
ソース クラス仕様

カレンダーを表示する部品です。祝日*1毎週の休日特別な休日(例えば創立記念日)などの休日や、個人の予定などを設定することができます。カレンダーの日を選択したり月を変更したりするとイベントが発生したことを リスナーオブジェクトに通知します。

標準では、月を変更するボタンや月を表すラベルなどが表示されますが、これらを表示しないこともできます。また、サブクラス和暦カレンダー*2を使えばラベルを和暦で表示できます。さらに、現在の日付にあわせて自動的にカレンダーをめくる自動日めくり機能や、例えば「開始日から1ヶ月以内で休日以外の日」のように、用途に応じて選択できる日を制限できるフィルター機能もあります。

*1 祝日は各言語/国に対応可能ですが、実装されているのは日本国の祝日法に基づいた明治時代以降の祝祭日です。春分の日、秋分の日は、西暦1900年から2099年まで対応しています。

*2 西暦1年以降の元号を全て網羅しています。ただし,元号が制定されていなかった時代は天皇名を元号の代わりとして用いています。明治以降については元号の変わった月にも対応しています。また南北朝時代は両方を併記(南朝が左、北朝が右)しています。