デモ

サンプルとして用意したXMLファイルを使ってインストーラーを作成し、さらにインストーラーを実行します。このXMLファイルは、各デモのサブディレクトリーにあるinstall.xmlです。

実行方法

各デモのディレクトリーで次のようにコマンドを入力します。

    例 - simpleデモを実行します

    $ cd simple
    $ jdrip install.xml
    $ java install

デモ
ディレクトリー
内容画面例
simple ファイルを1つコピーするだけの、きわめてシンプルな使用例です。画面表示も標準のままです。
nls 多国語に対応したインストーラーを作成する例です。言語依存の部分は、言語ごとにXMLファイルを別に用意します。
osdep インストール先のOSを限定したり、OS固有の処理を実行する例です。
rich 画像ファイルやプラグインを使ってインストーラの外観を好みに合わせて変更することができます。JDripには、JavaにビルトインされているMetalMotifWindowsの他に、豊富なGUIがあらかじめ用意されています。さらに、サードパーティーが配布しているテーマファイルを追加するだけで簡単にGUIを拡張できます。
action インストールしたアプリケーションを起動し、タイムアウトを設定したり、エラー処理をする例です。
package ファイルやファイルセットをまとめてパッケージにします。このデモは、必須なパッケージと選択可能なオプションパッケージをインストールする例です。
license 著作権や使用条件を表示する画面、ユーザー登録を受け付ける画面を表示する例です。
target インストール先のディレクトリとして、デフォルト値を表示する例です。
props 内部変数は、変数名と値の対です。このデモは、内部変数を使った例を示します。


Copyright © 2003-2006 Yasuo Ogane